外国人の日本語能力向上に関する一観察

f:id:yanakaan:20190813221500j:plain f:id:yanakaan:20190813215703j:plain

外国人のための「TRY! 日本語能力試験N1」という受験参考書=写真左=を今、来日中の義妹バルジンに借りて読んでいる。N1というのは上級者向けということで、サブタイトルは「文法から伸ばす日本語」。

上級者向けだけあって、なかなか手ごわい。モンゴル人用のはまだ需要が少ないので、中国語圏の学習者用のを代用しているが、バルジンは、おっとりしているようで相当に日本語が分かるのだ。姉(ワシの妻)との会話に母国語を必要としない。(だからワシのモンゴル語は上達しない)

この本の、たとえば「~にかこつけて」という項目。使い方の説明として<「AにかこつけてB」は「AをBするための口実にする」と言いたいときに使われる。他の人を批判するときに使われることが多い>とあって、実例が4つほど載っている。

①彼は、地方出張にかこつけて、どうやら恋人に会いに行っているらしい。(②③略)

④要するに、雪とか桜とか季節の何かにかこつけて、集まって騒ぎたいんだろう。

これで使い方を理解してもらったという前提で、すぐ応用問題に入る。以下の〇〇部にピッタリの言葉を「病気・子ども・取材・節電」の中から選べというのだ。

1)記者をしていたときは、〇〇にかこつけて、各地の温泉を楽しんだものですよ。

2)ゲームショーでは、〇〇にかこつけて、自分が楽しんでいる親たちの姿も結構見かけますよ。

3)〇〇にかこつけて、社長にオフィスのエアコンを全部消され、寒くてたまらない。

4)A:社長は不祥事を起こして以来、〇〇にかこつけてマスコミから逃げているらしいよ。

  B:それが本当なら無責任だよね。

もちろん正解は、1)取材 2)子ども 3)節電 4)病気。 日本の大人で間違う人は少ないだろうが、日本語を勉強中の外国人にとっては案外、難しいのではないか? 思うに、この受験参考書には「日本語学習にかこつけた社会批評」の側面もある。日本で暮らしていくための「常識」や「傾向と対策」を含んでいるのだ。(親切!)

それにしても、1)「記者をしていたときは、取材にかこつけて、各地の温泉を楽しんだものですよ」って、誰のことだ? 聞き捨てならぬではないか。温泉にはあまり執着のなかった治五郎記者(元)としては、身に覚えのない冤罪だ。写真右(青森県不老不死温泉らしい)に写っている足なんか、どなたのものか全く存じ上げない。

念のため、「かこつける」について親愛なる新解さんに相談してみた。

かこつける【託ける】おおっぴらに何かをするために、関係の無い他の事を表面の理由にする。「仕事にかこつけて家庭を顧みない / 就職活動にかこつけて授業をサボる大学生」

うんうん、それなら身に覚えは幾らでもあるんだ。志のある優秀な留学生諸君は、新解さんを隅から隅まで繰り返し読むべし。  

よく「読書の夏」と言うでしょう? 言わないか

f:id:yanakaan:20190811101727j:plain

治五郎は10代の頃から、なぜか暑い夏に読書がはかどる傾向があって、影響を受けた海外文学や日本の古典は大体、夏に読んだような記憶がある。

半世紀を経て66歳となった現在も、その傾向は続いているらしい。人は「暇を持て余して一日中、高校野球の中継ばかり見ているんだろう」と言うかもしれない(それも、あながち的外れではない)が、それだけではないのだ。やはり夏は本が読める。

鵜飼哲夫「三つの空白 太宰治の誕生」(白水社)。帯にいわく「桜桃忌70年。空白期を経るたびに脱皮していく作家の姿を、読売新聞名物記者が、新たな視点で捉え直す」。・・・著者はワシの後輩記者で、該博な知識にはかねがね感心していた。飲みながらワシに「太宰作品の明るさ」を熱弁していた姿を懐かしく思い出す。相変わらずの「おしゃべり」な性格が災いしている面はあるが、なかなか読みごたえがあった。

◎小谷みどり「没イチ パートナーを亡くしてからの生き方」(新潮社)・・・わが友みどりちゃんは、15~16歳も年下だが「死生学」研究者の草分け。よりによって彼女が8年前の朝、目覚めたら42歳の夫が急死していた。突然、バツイチならぬ「没イチ」になった当時の惑乱を冷静に顧みた第一章が圧巻。その後「没イチ会」なるものも生まれるが、この人の著作には常に〝明るい諦観〟があって好もしい。

織田作之助短編集「夫婦善哉(めおとぜんざい)」(新潮文庫)・・・新発見の続編などを加えた「決定版」だ。織田作之助(1913~1947)=写真=は、太宰治坂口安吾石川淳らと並んで「無頼派」と呼ばれる作家だが、上記3人の小説に比べると、読み返してもあまり共感できない。ダメ男としてはワシも遜色ないのだが、全編に横溢する大阪弁せいやろか? それとも、主人公のような「女遊び」いうもんをワシが全く知らんからやろか? (そこで笑わんといてや)

「読書で損した」という経験は滅多にないのだが、年を取って難儀になるのは、読んでいる本の最初の方を忘れるという問題だ。(うーん、どこかに伏線が張ってあったんだが・・・)その伏線が思い出せない。読み終えても「忘れた10~20%分、損してるんじゃないか」という印象を免れないのだ。ミステリーなんかは、もうダメですね。

見上げるのがいいか、見下ろすのがいいか

f:id:yanakaan:20190809184231j:plain f:id:yanakaan:20190809184259j:plain

どっちも、あまり好きではない。

と言ってしまえば話が終わるので、もう少し続ける努力をしよう。どちらかと言うと、治五郎は見上げる方が好き(マシ)である。見下ろすのは苦手。

例えば富士山のような名山の姿を、遠くから見て(渋々)称賛するのは仕方がないとしても、その頂上まで登ってみたいと思ったことは一度もない。

「ははあ、治五郎は〝上から目線〟が嫌いで、どちらかと言えば〝下から目線〟の方がマシだというわけだな。いっそ映画監督の小津安二郎みたいに、ちゃぶ台の高さにカメラを固定したいと。ふん、身の程知らずめが」 という人もいるだろう。

 が、それは違います。「高所恐怖症」とは少し違うが、高い所から下を見るという行為・境遇が生理的にダメなんですね。

東京スカイツリー=写真=に、一度は登って来れば?」と、来日中の義妹バルジンには勧めるくせに、ワシは(妻も)登ったことはない。

「だからどうした」と聞かれても困るんだが、いずれ続きを書く日もあるでしょう。

危険な暑さと「神幸祭」

f:id:yanakaan:20190804112004j:plain

 わが街・西尾久は一応、東京の下町であるからして、神田や浅草ほど有名ではないが古社の祭りなどは健在である。歩3分の尾久八幡神社などは結構、由緒があるらしい。この界隈を「阿部定事件の現場付近」とだけ覚えてほしくはないものである。

その尾久八幡宮例大祭の最中で、最終日の本日は4年に一度の「神幸祭」=写真=が行われた。治五郎は住民になって2年強だから、まだ見たことがなかった。人が群がるところは苦手なので歩3分とはいえ、わざわざ見に行ったりはしない。

が、子供の引っ張る町内みこしが午前中から表通りを行き来するので、ついフラフラと往来へ出て、少し歩いた。恐ろしい暑さである。昨日は全国で23人だかが熱中症で死んだ(とみられる)そうだが、他人事ではない身の危険を感じて部屋に戻った。

<犬が人に噛みついてもニュースではない。しかし人が犬に噛みついたら、それはニュースである>と、新人記者時代に教えられたものだ。

新解さんが定義するように、ニュースというものが「▵新しい(珍しい)出来事(についての知らせ)」であるならば、今やニュースとは呼べないニュースが増えすぎた。

アメリカでは、テキサス州の商業施設で銃乱射事件があって20人が死んだ。同じ日にオハイオ州では9人が銃で殺されたという。個々の不運な犠牲者について、だれがどういう人だったかを知ることは不可能に近い。人数が多すぎるからだ。

日本の新聞が(紙の新聞がまだ残っていたとして)10~20年後の夏、どんな紙面になっているかを大胆に予想してみようか。

社会面の片隅に「昨日の数字」という欄が出来ている。ある日の内容は次のごとし。

アメリカ全土での銃乱射事件による死者 207人

熱中症によるとみられる日本全国の死者 178人

それならまだしも、

・ハレンチ罪やパワハラ、セクハラが発覚した公務員・議員 29人

・同上の芸能人・マスコミ関係者 13人

毎日毎日、この調子。いちいち内容を詳しく報道していては、社会面が何ページあっても足りないのである。あんた、そこで笑ってる場合とちゃいまんねんで。

遠きにありて思ふ古里

f:id:yanakaan:20190802191424j:plain f:id:yanakaan:20190802191456j:plain

青森ねぶた祭り」=写真左=が始まった2日、BS日テレがその実況を19時から生中継した。内心(よせばいいのに)と毒づきながら、つい見てしまうのが県外(特に首都圏)在住の津軽人である。

去年だかも書いたと思うが、青森が「ねぶた」で弘前が「ねぷた」と区別されるようになったのは観光協会かどこかの差し金である。青森の立体的な「人形ねぶた」が凱旋を表現していて明るく「ラッセラー⤴」と乱舞するのに対して、弘前の平面的な「扇ねぷた」は出陣を表しているので粛々として「ヤーヤドー⤵」と暗い。

てなことがガイドブックには書いてあって、知ったかぶりをしたがる都人に重宝されているようだ。けど、それ間違うてる思いまんね。だちかんて!(どこの方言だ)

治五郎が子供の頃は 、ねぶた(nebuta)と発音されるような言葉は存在しなかった。今の青森市域でも「ねぷた」だったのだ。正確な発音は、難しいよ。nempfta。

 祭りのTV中継に(よせばいいのに)とケチをつけたのは、祭りと中継の相性が悪すぎるからだろう。有名な花火大会の中継ほど興ざめするものはない。

昨夜の「ねぶた」中継では、ご当地アイドルの王林=写真右=ほか、一発芸人・ピコ太郎こと古坂大魔王らが中身の薄いパフォーマンスを繰り広げた。

あ~。わが心の古里は、どこへ消えていくのでしょう。

人の群がるところへは行かない私

f:id:yanakaan:20190728053201j:plain f:id:yanakaan:20190728054500j:plain f:id:yanakaan:20190728055226j:plain

<「第42回隅田川花火大会」(隅田川花火大会実行委員会主催、読売新聞東京本社など協賛)が27日、隅田川を挟む台東、墨田両区の2会場で開かれた。東京・下町の真夏の風物詩として知られ、約95万9000人(主催者発表)が夜空を彩る約2万発に見入っていた=写真左は別=。今回は、台風6号の接近で、一時は開催が危ぶまれたが、予定通り行われた。>(読売28日付朝刊)

 毎年毎年、どの記者が書こうが数字以外は判で押したようになる〝風物詩もの〟だ。社会面に載っていればいいだけの記事なのだが、それなりの面積を占めるので、地味な記事が没になり、懸命に書いた記者は泣きを見る。今もよくある実態だろう。

ご近所に例を取れば、この日は「熊野前」の商店街でサンバ・カーニバル=写真中=が開かれた。同居中の義妹バルジンが「一緒に行きませんか?」と誘う。「久米の仙人」に似ていることを否定しない治五郎としては、ちょっと行ってみたい気がしないでもなかったが、つい面倒になって断った(彼女の姉も)。2時間後ーー。

「面白かった?」

「・・・はい」

 しかしサンバの踊り手たちよりも、沿道の商店をよく見て回ったらしい。

 「何だ、その棒=写真右=は?」

「100円ショップで見つけて買いました」

これは「すりこ木」であり、麺棒としても役に立つ。モンゴル料理に必要な道具で、ずっと探していた品なのだ。バルジンよ、アッパレ!

フラッシュの点滅とハンシャにご注意ください

f:id:yanakaan:20190724103210j:plain

延々、何時間も続いた民放の生中継の間中、画面の隅に繰り返し「*フラッシュの点滅にご注意ください」という表示が出た。吉本興業社長の記者会見=写真=である。

テレビ中継を見るのに、どうすればフラッシュの点滅だけ見ないようにできるのか。番組そのものを見なければいいのだが、それだとテレビ局も視聴者も困る。この矛盾!

治五郎が思い出したのは、たばこのパッケージだ。<喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります><疫学的な推計によると、喫煙者は肺がんにより死亡する危険性が非喫煙者に比べて約2倍から4倍高くなります>

だったら、たばこを作ったり売ったりしなきゃいいのだろうが、それだと巨大企業JT(日本たばこ産業)の社員と家族、そして愛煙家が大いに困る。

 テレビ局やJTの本音は、こうだろう。「目(肺)に害があるのは重々、承知しておりますが、放送(販売)しないことには我々の生計が成り立たないので、建前として注意を呼びかけます。有害で誠に恐縮ですが、どうか見(吸い)続けて下さい」

吉本の会見がどうだったかと言えば、まさにグダグダの内容で、ほとんどの芸人と視聴者の怒りに対しては火に油を注ぐだけの結果となった。

 質疑応答の中で何十回となく繰り返されたのが、ハンシャという言葉。ワシは「光」に関係する「フラッシュ」「点滅」の連想からか「反射」を思い浮かべたが、そうではなく「反社会的勢力」の略語「反社」だった。

はんしゃかいてき【反社会的】その社会の法秩序にあえて反抗したり 道徳上の社会通念を故意に無視したり する言動をとることによって、社会の他の成員にまで好ましくない影響を与える様子だ。「―分子」

かつての「暴力団」が、パンチパーマにサングラス、クリカラモンモンという分かりやすい外見ではなくスーツ姿の銀行員などに化け、特殊詐欺の専門家集団を構成するようになった。警察では今も「マル暴」という隠語が通用しているんだろうか?

横文字や若者言葉だけでなく、近年は「反社」のような新語も日々大量に生み出されているから、覚えきれない高齢者にとっては非常~に難儀な事態である。

往々にして怏々として楽しまぬ治五郎親方

f:id:yanakaan:20190722072512j:plain f:id:yanakaan:20190722072608j:plain

おうおう【往往】そうなる傾向がありがちだと認められる様子。「素人がやるとー(にして)失敗する」

おうおう【怏怏】不平・不満を解消する術が無く、いらいらを禁じ得ないことを表わす。「ーとして楽しまず」

久々に「人が来た」20日のサンド会。あらかじめ、いろんな酒類を差し入れてくれたO野T司画伯=写真左は彼の猫版画=と、その旧友・T中Y博(共にワシより学年で1つ上)、はるかに若いT本Mさん(♀)の3人が訪ねてくれた。

T本さんは、通称「みやびちゃん」。いつもミニスカートが魅力的だが、今回はホットパンツ姿で現れた。本業が「古本の目利き」とは思えない。治五郎は「久米の仙人」に似たところがあるので(久米の仙人というのは、飛行中に若い女の脚を見て神通力を失い墜落したという伝説中の人物)、ワシが神通力を失ったのは言うまでもない。

それはまあ結構?なことなのだが、この週末は楽しめない出来事も多かった。

名古屋場所の千秋楽、横綱鶴竜=写真右=が白鵬を下して6度目の優勝を遂げたことに不平・不満はない。「よくやった」と思う。が、4人の大関が全員休場したんじゃ「本場所」とは言えないだろう。「準」の字が必要だ。照強とか炎鵬とか、下位の小兵力士が活躍したことだけが救いで、治五郎親方は怏怏として楽しまなかった。

二日酔いにもかかわらず、治五郎は参院選の投票にも行った。最近の選挙が面白くないのは「出口調査」ちゅうものがあって、開票前に大勢が判明することだ。何のスリルもない。出口調査に出合った経験はないが、あれに答える人の気が知れない。

「誰に投票しましたか?」

「誰に投票しようが大きなお世話だ。なぜワシが答えなければならんのだ?」

元マスコミ人として、こういう有権者が増えるのは好ましいことではないだろうが、面白くない! 「与党勝利 改選過半数」という結果がまた、実につまらん。

投票率の低さもさることながら、結果を見ると「日本国民は本当に困っているのか?」という疑念さえ生じる。困っている人が多いはずなのだが、「寄らば大樹の陰」や「長いものには巻かれろ」という悪しき伝統が、この国に蔓延しつつあるように思える。

昔の「社会党」って、どこに行ったのか? いよいよ絶滅寸前ではないか。うすうす予想はしていたが、ここまで凋落しようとは! 怏怏として楽しまない治五郎である。

<「まあ いいや」も だいじだよ>とO野版画は教えてくれるので、あれもこれも「まあ、いいや」と思いたいんだが、どうもねえ。

世界ランキング187位⁈ もっと下もあるんだろうか

f:id:yanakaan:20190718111911j:plain

 <サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の出場権を懸けたアジア2次予選の組み合わせ抽選が17日、クアラルンプールで行われ、7大会連続出場を目指す日本は、キルギスタジキスタンミャンマー、モンゴルと同じF組に入った。>

<世界ランキングでは日本の28位に対し、他の4チームはキルギスの95位が最高で、いずれもW杯出場経験がない。>(18日付読売新聞より)

F組の5チームの「世界ランキング」を知って、治五郎は強いショックを受けた。

日本     28位

キルギス   95位

タジキスタン 120位

ミャンマー  138位

モンゴル   187位

なんという残酷な数字だろう「187位」! (世界には187もの国があったっけ?)

ワシは38歳の砌(みぎり)、初めてモンゴルに行く際、かの国ではサッカーが普及していないと聞いていたので、経由地の北京で1個のサッカーボールを買って持ち込んだ。

草原で3か月ほど暮らす間、小学校を訪ねて〝サッカー教室〟を開いた。足でボールを蹴ったことのある子は皆無で、ワシが昔取った杵柄でボールリフティングを30回でもやってみせると、もう大騒ぎだ。

「モンゴルの子にサッカーを教えた日本のオジサン」は将来、伝説上の人物として有名になるのではないかと心配したほどだ。が、それは杞憂だった。あれから28年もたった現在、モンゴルのサッカーは「187位」なのだ。

これが大相撲の世界ランキングだと、どうだろう。

モンゴル1位(なにしろ二人しかいない横綱が二人ともモンゴル出身)、日本2位、3~10位は飛ばして11位がジョージア、12位ブルガリア、13位ブラジル、といったところではないだろうか。

国・民族とスポーツの相性は一筋縄では行かない。W杯のアジア2次予選、強豪国がひしめくF組では、果たしてどのような熱戦の数々が展開するのであろうか。

安美錦の引退と「他人の空似」

f:id:yanakaan:20190717060313j:plain f:id:yanakaan:20190717060403j:plain

そらに【空似】血縁関係が無いのに、顔つきがよく似ていること。「他人のー

 大相撲で一時は関脇まで行った安美錦(40)=写真左=が、女優の田中裕子(64)=写真右=と似ているどころか、全く同じ顔をしている(!)という驚くべき発見について、治五郎はかなり早い時期から叫び、警鐘を鳴らし続けてきた。(叫ぶほどのことではないか。第一、だれに向かって何の警鐘を鳴らすんだ?)

 <安美錦 竜児(あみにしき・りゅうじ) 1978年10月3日生まれ。青森県深浦町出身で、同県立鯵ヶ沢高卒。安治川部屋(現伊勢ヶ浜部屋)に入門し、97年初場所初土俵を踏んだ。2000年初場所新十両、同年名古屋場所新入幕。三賞は殊勲賞4度、敢闘賞2度、技能賞6度の計12度受賞。名古屋場所10日目時点の通算成績は907勝908敗54休。1㍍84、149㌔。>(17日付読売新聞朝刊)

関取在位117場所は魁皇と並ぶ最多記録とあって、新聞各紙とも大きく扱っている。詳しい略歴や評伝(的なもの)も、1力士の引退記事にしては、取材してきた相撲記者たちの拍手が聞こえてきそうな内容だ。

「(十両残留の)目がなくなった時点でスパッと決めたかった。勝負師として」「最善を尽くしてきたが、全部受け止める。ずっとけがと付き合って、また最後にお前(右膝のけが)にやられるのかという気持ち」(同紙)

誰もが「よくやった」「潔い」と感じるのではないだろうか。同じ津軽人として、この顔を応援してきた治五郎にもホッとした気持ちがある。

円満な引退おめでとう、田中裕子さん。(えっ、全く別人だったの? うすうす、もしや別人じゃないかとは懸念していたんだが。失礼いたしました!)