「実社会」とは? 「実生活」とは?

f:id:yanakaan:20171114072559j:plain

新解さん新解さんって、おぬしは三省堂の回し者か? という声も聞こえだしたが、こっちもそろそろ本腰を入れるにヤブサカではない。

その前に、この辞書の基本ルールに触れておく。「▹」は「以下は( )内に読み替えてもOKですよ」という意味の記号であり、編者の個性あふれる(他の辞書には真似のできない)解釈は [ ] 内に明示されている。例を挙げよう。

【実社会】実際の社会。[ 美化・様式化されたものとは違って、複雑で、虚偽と欺瞞に満ち、毎日が試練の連続であると言える、きびしい社会を指す ]

本当の社会とは虚偽と欺瞞、試練の連続であると言い切る。論文でもエッセーでもない辞書が、そこまで言っていいのかと少し心配になるわけだが、ここまで教えてくれる小型辞書をワシゃ他に知らぬ。痒い所に手が届くのである。(届きすぎの感もある)

【実生活】[ 文学作品など▹の(を通して想像される)美化された生活と違って] 現実の生活。

 現実の生活は小説の世界みたいに美しいものではない! ということを言っている。 

納得しかねる人もいるだろう。が、治五郎に言わせてもらうならば、そんなアナタは実社会や実生活というものを本当は知らずに生きてきたのではありませんか?

新解さんは「美化」という言葉や行為=写真=が、あまり好きではないようにお見受けした。そんなところにもワシは静かな共感を覚える。

誤解しないでほしいが、ワシは最近、近所の歩道上に捨ててあるタバコの吸い殻や空き箱を見ると拾う習慣がある。これは、決して「モク拾い」ではない。空き缶やパンの袋などのゴミも拾って、しかるべき場所まで運んで捨てるようになった。

ささやかではあるが、これも立派な「無償奉仕」のうちだろう。ただ、(なんだか自分らしくないことをしているなあ)という、むず痒さを感じてしまう。新解さんが社会や生活の「美化」に対して素直になれないのは、これと似た心理なのではあるまいか。

おっと、今日は第三土曜日か。最近は、寓居を探り当てる古顔が増えてきた(全員、等し並に齢を重ねている)。今夜のサンド会の話題は「実社会」と「実生活」かな?

「予定調和」と「お手盛り」

f:id:yanakaan:20171116200302j:plain

某N放送協会の番組について、治五郎がどうしても気に入らないこと。それは「のど自慢」に代表される「予定調和」主義のニオイにある、ということは以前も書いた。

ここで言う予定調和とは、哲学者のライプニッツがどうとかモナドがどうしたとかいう難解な話ではなく、「何のトラブルもハプニングもなく予定どおりに終わる」(ことが最初から約束されている)というくらいの平易な意味である。

のど自慢に99歳のお婆ちゃんが出場すれば、歌の出来には関係なく「特別賞」が与えられることになっている。99歳に対抗して98歳のお婆ちゃんが同時出場することは決してない。98歳が特別賞を取ったら99歳の方は立場がなくなるからだ。

 

大みそかの「紅白歌合戦」に出場する歌手(というか集団)の顔ぶれが発表された。治五郎くらいの年になると、見たことも聞いたこともない横文字だらけで誰が誰やら見当もつかない。だから番組自体に難癖をつけようというのではない(わけではない、とは言わない)が、ワシが某日本H協会の番組に感じる違和感には、予定調和の他に「お手盛り」という要因もあることに思い至った。また新解さんを引こう。

【御手盛(り)】[支配的な立場にある者が]自分たちの仲間うちに都合のいいように取り決めること。[もと、自分で好きなだけ食物をよそう意から]

 支配的な立場にある者が、自分で好きなだけ食物=写真は牛丼=をよそうのである。

出場メンバーには最近、連続テレビ小説の主題歌を歌った人が二人も入っている(一人は交渉中の由)。仲間うちに都合のいいように取り決めていないだろうか。

某日本放送Kは、この手法に基づく番組宣伝が極めて多い。「ごごナマ」にしろ「鶴瓶の 家族に乾杯」にしろ、はたまた〝先祖もの〟にせよ〝名字もの〟にせよ、ゲスト出演者をよく見ると大河ドラマや朝ドラに出ている「仲間うち」だらけだ。

日本放送協会はCMをやらないもんだとばかり思っていたが、なかなかどうして広告・宣伝の上手な公共放送なのだった。(しかしワシも結構よく見てるよね)

モンゴル人って、飲むと暴れるの?

f:id:yanakaan:20171115163712j:plain f:id:yanakaan:20171115163748j:plain

はい、暴れます。モンゴル人の全部が必ず、というわけではありませんが。

横綱日馬富士=写真左=が、とうとうやっちゃった。巡業中の鳥取で先月下旬、モンゴル人力士同士の飲み会で平幕の貴ノ岩=写真右=をボコボコにしてしまったのだ(ボコボコと言えば、二人とも顔の表面にデコボコの多いアバタ系だが)。「一寸先は闇」という警句は政界の専門用語ではない。酒が昔から「気🔴い水」とも呼ばれていることについて、この横綱は経験と自覚、用心が足りなかったようだ。

彼は酔ってキレると危ない、という噂は耳にしていたので心配していたのだけれども、今回は本場所中(序盤)の発覚というタイミングの悪さもあって、特ダネで一面トップを飾ったスポーツ紙を除いて誰もがガックリ来ている。

恐らく引退ということになるだろうし、発覚まで時間がかかりすぎたこともあって両者の親方や日本相撲協会の幹部にも災いは及ぶだろう。発覚(いや八角)理事長も、千秋楽の挨拶を今から何種類か考えておかなければならない。

事件の事実関係については、もう警察の捜査が進んでいるところなので治五郎なんぞが口を差し挟むべきことではない。ただ相撲とモンゴルが好きな変人として、ここでは生半可な知識をちょっと開陳しておこうと思う。

日馬富士の本名はビャンバドルジ、貴ノ岩はバーサンドルジという。どちらも語源はチベットにあって、意味を問われれば本人たちも説明できないのではないだろうか。

ビャンバは「土曜日」、バーサンは「金曜日」。共通のドルジは何かといえば少し難しいが、まあ日本なら「太郎次郎の郎」にあたると思えばいい。モンゴルでは非常に多く、そういえば問題児で鳴った元横綱朝青龍も本名はダグワドルジである。

今は何十年前のカレンダーでも検索できるから調べてみると、日馬富士が生まれた日は確かに土曜日。名付けた親の気持ちとしては、土曜日に生まれた息子の将来に期待を込めたのだろう。一方、貴ノ岩の生まれた日は、金曜日(バーサン)ではなく月曜日。つまり名前と曜日の関係は、相当いい加減であると思って差し支えないようだ。

貴ノ岩について「27歳にしては老け顔に違いないが、これはバーサンじゃなくてジーサンだろう」と異を唱える人もいよう。ワシが知りますかいな、そんなこと!

 

 

元祖ゴジラ世代の一人として

f:id:yanakaan:20171113000633j:plain

最近、映画「GODZILLA」(2014年)と「シン・ゴジラ」(2016年)をテレビで見た。(集中力がなくなってきているので本を読んだり酒を飲んだりしながら時々、画面に目をやる程度ではあるが)

過去に何本のゴジラ映画が作られたか、よく知らないけれども、やはり何十年かの間に相当な進化が見て取れる。CGが駆使されているのだろうし、ストーリーも首相官邸周辺の大騒ぎや、米軍の応援をめぐって安保条約がどうのこうのといったことまで、あまり現実離れしないように出来ていて結構、楽しめる。が・・・

ZIGOLLO(治五郎)は1953年、最初のゴジラ=写真=より1年先に生まれた。満1歳だから記憶も何もないけれど、のちにシリーズ化されてからは当時のガキの常として夢中になった。(本多猪四郎監督。特撮は円谷英二、音楽は伊福部昭

縫いぐるみを着た人が電車のプラモデルをかじっているな、ということは分かっていても「荒唐無稽だ」などという失礼な感想は抱かなかった。ただ残念なことに、純真な子供時代というものは大人の火遊び同様、あまり長くは続かないようだ。

モスラキングギドラなどが登場した頃がわが「ゴジラ期」のピークで、そのうち探偵小説の方が面白くなった。ゴジラ親子が「シェー」(注:赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」の中でイヤミという男が見せたギャグ)をやるあたりから熱は冷めた。

ウルトラマン仮面ライダーになると、もうワシらの世代はあずかり知らぬ存在で「あんた誰よ?」てなもんだ。今やウルトラマン世代もいっぱしのジジイのはずだが、面白いことに、同じジジイでも年が3~4年も違うと思い入れの度合いに大差が生じるものなのである。

 

 

髷をまだ結えない人、もう結えない人

f:id:yanakaan:20171114004024j:plain

相撲ファンがこんなことを言ってはいけないのだろうが、角界は時代錯誤に満ち満ちた格差社会である。昔の軍隊に似たところがあって、学歴などにあまり支配されない実力本位の世界という意味では軍隊よりもはるかにシビアだと言える。

序の口→序二段→三段目→幕下 → 十両→幕内という段階を経るのが普通だが、幕下と十両以上(関取)との間に厚い壁がある。その壁は刑務所の塀みたいなもので、内側と外側では地獄と天国の差がある。

髷=写真=を、いわゆる「大イチョウ」に結えるのは関取に限られる。幕下以下は、給料ももらえないし個室も与えられない。食事だけは朝・昼・晩と嫌になるほど与えられるが(買い物や料理をするのも自分)一年中、合宿生活をしているのと同じだからプライバシーもへったくれもない。今どきの若者がよく我慢できるもんだと思う(すぐやめる者も多いらしいが)。

いったん関取になったからといって、負け越しが続けばすぐ〝地獄〟に逆戻り。後援会から贈られた豪華な化粧回しを一場所しか締められずに終わる者もいる。塀の内と外を行ったり来たりする〝犯罪常習者〟みたいな力士も出てくるわけだ。

幕内上位まで行きながら、大怪我をして1年かそこいらで序二段、序の口まで落ちてしまう不運なケースもある。安美錦のように39歳で史上最高齢の再入幕なんていう祝うべき例もあるにはあるが、40歳の序の口などを見ると「この人の老後は一体、どうなるのか?」と心配になる。(ワシは他人様の心配をしてる場合じゃないんだが)

数年前の遠藤や逸ノ城のように出世が早すぎて「まだ髷を結えない人」がいる一方、額が後退して「もう結えない人」もいる。いやあ、相撲ってホントに厳しいもんですね。

略語の品格を問う

f:id:yanakaan:20171111235546j:plain

ああ、思い出しました。今から40年前、24歳の新聞記者だった治五郎は二輪車=写真=に乗って毎日、警察署から事件・事故の現場へ〝出動〟していたのです。(格好は、これほど派手ではなかったような気がする。普通のヘルメットは一応かぶっていたが)

50cc のバイクだと、講習を受ければ試験なしで免許が取れた。(あ、今もそうなんですか? 乗用車を運転するには教習所に通わなければならないが、事件や事故が起きると取材のためキャンセルせざるを得ず、普通免許を取るまで丸1年かかった)

講師が盛んに口にする「ゲンツキ」という言葉の意味がよく分からなかったが、それは「原動機付自転車」の略称「原付」だった。なんだか品のない略語だな、と感じたのを覚えている。警察官が多用する「職質」も、ヘンだ。「職業の質」って何だ? と思ったら、これは「職務質問」の略なんだという。「現逮」は「現行犯逮捕」。

日本語の特質として「なるべく省略する」がある。意味さえ通じれば、1字でも削りたい。これは今に始まったことではなく、昭和初期のモボ(モダンボーイ)・モガ(モダンガール)があるし、戦後はベア(ベースアップ)がある。

なんだそれは。ベアと言ったら熊だろう! と、いちいち腹を立てるから治五郎の血圧は上がりこそすれ下がらない。略語に起因する健康被害と言えまいか。(言えまい)

スマホ」も、海外では通用しない日本だけの略語と思われるが、ワシはスマホには寛大な方だ。「スホ」や「スーホ」に略されなかっただけ、幸いだと言える。ところで、内モンゴルの民話「スーホの白い馬」を再読してみたくなった。

他山の石の上にも三年寝太郎

f:id:yanakaan:20171111103947j:plain

「他山の石」+「石の上にも三年」+「三年寝太郎=絵は『まんが日本昔話』より=」

一見、何のつながりもないことわざや民話の題名なんだけれども、よくよく吟味すると三つに通底する何かがあるのではないだろうか。三つをつなげると、個別の意味とはまた次元の違う味わいというか、新鮮な価値が出てくるような気がする。

この現象は、専門家の間で「複合俚諺(りげん)」と呼ばれている。(ウソです。治五郎が勝手につなげてみて、一人で悦に入っているだけ)

ワシは他山の石の上で寝るようになって、かれこれ五年。就寝中に見る夢にも、以前とは大きな変化が観察される。

まず、淫夢すなわちエッチな夢を見ることが全然なくなった。それはもう見事なくらい絶無だ。見るにヤブサカではない(というか、たまには見たい)のだが。

空を飛ぶ夢も、見なくなって久しい。山田太一の小説に「飛ぶ夢をしばらく見ない」という名作があったが、ワシの場合「しばらく」どころではない。

昔は、夢の中とはいえ飛び方に自信があった。離陸方法や羽ばたき方に限らず、下を歩いている人に気づかれないコツというものもある。「いま自分は飛んでいる」ということを意識すると墜落するので、決して意識してはいけない。あの楽しみを失った。

代わりに、よく見る厄介な夢がある。本を読んだり調べごとをしたりしている夢だ。

そこに何が書いてあるかは、自分で考えなければならない。小説を読んでいる場合だと登場人物の名前や性格設定、ストーリーまで、ワシが作者の代わりに考える。これはアンタ、想像を絶する難行ですぜ。起きていて実際に小説を書く方が、よっぽど楽なのではないだろうか。(目が覚めるとグッタリ疲れてますもん)

最近は、これに「忘却力」というものが加わった。「ものすごく面白い夢を見たんですよ。ただ、どういう内容だったかは覚えてない。酔って熟睡しちゃったもんで」

フロイト博士は、この男の夢をどう分析するのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

力士は、とにかく大怪我をしないことだ

 

f:id:yanakaan:20171110192129j:plain f:id:yanakaan:20171110194901j:plain f:id:yanakaan:20171110195049j:plain f:id:yanakaan:20171110195241j:plain

九州場所が始まるので、どうしても大相撲の話題になります。(興味がない人はどこかの山に登るか、部屋でジャズでも聴いてて下さい)

写真左から ❶宇良 ❷鶴竜 ❸照の富士 ❹阿武咲(おうのしょう)

❶と❷は怪我が回復せず、九州は休場(まあ全休だろう)となる。ウラ技で大人気の❶は、幕尻だから来年の初場所では十両に落ちるのが必至。横綱の❷は、大関だったらもう平幕に落ちているくらいの休場続きだが、横綱だから陥落はない。あとは優勝か準優勝する以外、引退しかなくて初場所に進退を賭ける。生真面目で「考える人」らしいので(「考えない人」だったら楽なのに)相当、思い詰めている節があって心配だ。

❸は横綱の期待がかかっていたが、これも膝の故障が長引いて関脇に陥落した。琴奨菊がそうだったように、大関復帰は容易ではない。彼のようなX脚の巨漢は、O脚(蟹股)の白鵬などに比べて怪我をしやすく、回復しにくいという難点があるようだ。

新小結の❹が、今場所の注目度ナンバーワン。治五郎にとっては同郷(津軽)出身のホープで、高校を中退して上京する時の心細そうな表情なども(テレビで)見ているから、(おお、ご立派にならはって)と肩入れしないではいられない。

しかし新小結というのは連日、横綱大関・関脇が相手だから、滅多に勝てるものではない。師匠の阿武松(おうのまつ)親方は、かつて「益荒雄(ますらお)旋風」を巻き起こした人だけれども、そんなレアケースと比較されてもしようがない。まだ21歳。先を急ぐことはないだろう。(頑張るのはいいが、大怪我だけはするなよ阿武咲)

「壁に耳あり 障子に目あり」の最近事情

f:id:yanakaan:20171108190630j:plain

立ち聞きとか覗き見とかいう行為は、人間の哀しい本性(の一部)であるから、一概に排斥するわけにはいかない。壁がどうとか障子がどうとかいう話は「ものの譬え」であって、「悪いことをすると、誰も知らないと思っていても必ずバレるものです。気をつけましょうね」という、古人のヤンワリした教えなんだと思う。

が、平成の世も末期に差し掛かった現在、壁の耳と障子の目は「譬え」どころではなく極めて即物的で先鋭な装置と化し、あまつさえ絶大な証拠能力を誇るに至った。

もう落選してタダの人になったから実名は伏せるが、「このハゲ~! 違うだろ~!」の女性衆院議員ね。あの騒動の主役は彼女自身でも週刊文春でもなく、小さな1個のボイスレコーダー=写真=だったと言えないだろうか。

主君の横暴に脅えた元秘書(中年男性)がコッソリ録音して週刊誌に駆け込んだわけだが、あの記録によって豊田さん(あ、言っちゃった)は最初から逃げ場を失った。どんな言い訳も通用しないのだ。

テレビがまた朝から晩まで流すもんだから、独特な人格が滲み出た真由子さん(あ、また言っちゃった)の声と言葉は、全国民の耳にこびりつくことになった。(髪の量を気にしているどこかの中年男性が、夜中にうなされるケースもあったやに漏れ承る)

 つい最近では、某A新聞のスポーツ部記者(35)が電車内で若い女のスカートの中を盗撮している姿をスマホで撮られ、通報によって現行犯逮捕された。これもスマホの映像がある以上、どうしたって言い逃れはできない。

撮影したのは某Nテレビのカメラマンだが、もちろん相手がA紙記者と知っていて狙ったわけではなく、たまたまである。犯人が普通のサラリーマンやアルバイトだったらニュースバリューはないが、A紙記者だったばかりにNテレのみならずY紙もM紙も、そしてA紙も実名で報道することになった。彼が記者を続けることは不可能だ。

ことほどさように現代の「壁の耳」と「障子の目」は、イケナイことをした人に対して生殺与奪の権を握るようになった。天網恢恢、疎にして漏らさず。

少し付け足すなら、事件を明るみに出した〝お手柄〟の元議員秘書もNテレのカメラマンも、顔や実名を世間には知られまいとする。それは録音(録画)が相手から了解を得たものではなく、気づかれないようにコッソリと行われたものなので、後ろめたいというほどではなくても何か堂々と胸を張れないところがあるのだろう。

「ああ、自分のボイスレコーダースマホ)によって、この女(男)は一生を棒に振ることになるのか」という一種の感慨、惻隠の情が芽生えたとしても不思議ではない。現代の「壁の耳」や「障子の目」の複雑な心境を、治五郎はそのように忖度する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる「圧力」と「展開」

f:id:yanakaan:20171108080449j:plain f:id:yanakaan:20171108080532j:plain

テレビの、いわゆる「情報番組」を見ていると、いわゆる「コメンテーター」たちが、いわゆる「国際情勢」について自由闊達に意見を交わしている。

あ~、この新聞記事はダメです。「いわゆる」が多すぎる。書いた記者がカッコ内の言葉に多少の引っ掛かりを感じている様子は、よく伝わってくる。しかし、いくらなんでも「いわゆる」が多すぎます。この原稿を通すようなデスクは、いません。

治五郎は新聞の元デスクだが、いわゆる国際情勢について、いわゆるコメントを寄せるような立場にはない。例によって「新解さん」と相談しながら、いわゆる時事用語の周辺をほじくり返してみようと思う。

【圧力】 ㊀ある物が他の物を押す力。 ㊁自由な精神活動や恣意的な行動を抑えつけようとする、強い力による働きかけ。

【圧力釜=写真左=】ふたをねじで締めて密閉した釜。沸点が百度以上になるので、堅い物でも早く、やわらかく煮える。高山での煮炊きにも適する。[最近では、「圧力鍋」とも呼ぶ]

はっはあ、アジア歴訪中のトランプ大統領が「北へ最大の圧力」と言っているのは、堅い物を早く、やわらかく煮るという意味なんだ。しかし北の釜(鍋)は百度以上の沸点に達すると、相当ヤバイぞ。何を始めるか分からん。

負けじとアメリカは、「ドナルド・レーガン」=写真右=などの空母3隻を朝鮮半島周辺に「展開」しているという。

【展開】㊀目を見はるような場面が示されること。 ㊁新たに出現した事態が、どのような成行きになるかを予測させないままに進行すること。 ㊂[密集した隊形が]間隔をとって広がること。

今回の「展開」は一応㊂の意味と解されるが、どのような成行きになるかを予測させないまま、目を見はるような場面が示されないとは限らない。空母の映像を見るにつけ、アメリカは実戦がしたくてウズウズしているのがよく分かるもんなあ。